本文へ移動
 
We will support
a comfortable
home building.
私たちは快適な住まいづくりを
サポートいたします。

オキホームブログ

自然素材の家が健康に良いといわれるのはなぜだろう

2018-09-04
カテゴリ:住まいのノウハウ
こんにちは。
福山市で注文住宅のことならおまかせ!オキホームです。
 
最近は、健康ブームもあり、無垢などの、自然素材を使った家が注目されています。
 
ですが、具体的に、なぜ自然素材の家は、健康に良いといわれているのか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
 
例えば、よくフローリングに使われている床材ですが、同じ木を使用した床材でも、「合板」と「無垢」の大きく2種類にわかれます。
 
合板・・・複数の木を接着剤で張り合わせたもの
無垢・・・天然の一枚板で作られたもの
 
というように、同じ木を使っていても、合板は接着剤や塗装剤といった、添加物が多く使われています。
一方、無垢のような、自然素材のものを多く使うと、添加物を使う量が減り、生活する上で、化学物質に触れる機会が減るのです。
 
住宅に使われている添加物は、健康に害がないものを使用していますが、それでも、人によってはシックハウス症候群などを発症したり、アトピーや花粉症が悪化する場合もあるそうです。
 
自然素材の家が健康的だと言われる理由。
それは、自然素材を多用することで、生活の中から添加物などの化合物を極力減らし、人間が本来生活していた、自然の中で暮らしているような環境に近づけているからです。
TOPへ戻る