本文へ移動
 
We will support
a comfortable
home building.
私たちは快適な住まいづくりを
サポートいたします。

オキホームブログ

皆さんのお家は地震に備えていますか?今一度チェックしてみましょう

2019-01-15
カテゴリ:オキホームの家づくり
こんにちは。
福山市で注文住宅のことならおまかせ!オキホームです。
 
広島県は「地震の少ない県」だといわれていますが、日本に住む以上、地震にも備えておいたほうが安心ですよね。地震への備えは、備蓄食料の用意、避難場所の確認などの他に、「お住まいのお家が地震がきても大丈夫なお家か」を確認しておく必要があります
 
 
オキホーム社長の沖裕人は、NPO法人広島耐震マイスター倶楽部の副理事長として、耐震相談、耐震診断、耐震改修などについて広める活動を広島県内で積極的に行っています。
 
当社では耐震診断(設計図や現地調査などの結果から、耐震改修の必要性を総合的に判断)や、耐震改修工事(診断の結果から、耐震改修計画を立て耐震改修工事を実施)を行うと同時に、お客様に対し、耐震への啓蒙活動なども行っています
 
 
また、お家の中の備えも大切です。お家自体が地震に耐えられるお家になっても、揺れを完全に防ぐ方法はありませんので、いざ地震が来てお家が揺れた時のために、家具などを固定することをオススメしています。
全国金具金物連合会の調査によりますと、阪神淡路大震災の際には家財が転倒・破損したことで人的被害を受けたケースが多くあったそうです。
 
 
中でも、最も倒れやすいのは「本棚」という結果が出ています。重い本棚が倒れてしまうと、ケガなどのリスクが高まります。また、床材が絨毯の場合が最も転倒する確率が高いという結果も出ました。
昭和56年以降の新しい建築基準法で建てられたお家でも、家具の置き方、置き場所を考え、必要に応じて耐震金具を取り付けるなどの対策が必要です。
 
 
耐震対策について気になる方、耐震診断に興味がある方、その他不安なことがある方は、いつでもオキホームまでご相談くださいね。
TOPへ戻る