本文へ移動
 
We will support
a comfortable
home building.
私たちは快適な住まいづくりを
サポートいたします。

オキホームブログ

少し広めが人気!?洗面脱衣室も有効活用しよう

2019-04-09
カテゴリ:オキホームの家づくり
こんにちは。
福山市で注文住宅のことならおまかせ!オキホームです。
 
洗面脱衣室は、服を脱いでお風呂に入るための予備室、朝の洗顔や身だしなみに使う場所、といった認識が強く、以前は2畳ほどのスペースに洗面・洗濯機を詰め込んでいました。
ところが、ここ最近は2.5畳~3畳ほどの広さに変わってきています
それはなぜだと思いますか?
 
理由は色々ありますが、一番大きな理由は「使いやすさを追求した」ことが挙げられます
使い勝手の良さは、
「洗面脱衣室にタオルなどを収納する場所がほしいな」
「お客様に洗面脱衣室を見られるのはイヤ。お客様も手洗いとして使えるように、洗面だけ分けたいな」
といった、お客様の声から生まれてきました。
 
洗面と脱衣を分けることで、脱衣室はとても広くなります。そこに、造り付けの棚を入れるのが、最近特に人気です。(特に、可動棚は使いやすいと好評!)
棚はご自身で購入されてもいいのですが、決められた場所を無駄なく使うには、やはりサイズがピッタリとハマる造り付けの棚がオススメ。
 
広くなったスペースで、もう一つ人気があるのが、部屋干し設備を取り付けること
洗濯機から衣類を出して、すぐに干せますので、家事が随分ラクになりますよ。
 
洗面脱衣室を広くとると、着替えや洗面のみで使うより、用途が広がり、結果的に有効活用できるようになります。
お家づくりをする時には、少し広くしたほうが便利な場所、狭くても平気な場所があります。限られたスペースを、住み心地のよいお家にするために、各部屋の広さや使い道を考えながら、間取りを考えていくようにしましょう♪
 
TOPへ戻る