本文へ移動
 
We will support
a comfortable
home building.
私たちは快適な住まいづくりを
サポートいたします。

オキホームブログ

いざという時に役立つ!?無垢材とサッシのお手入れ方法

2019-05-09
カテゴリ:住まいのノウハウ
こんにちは。
福山市で注文住宅のことならおまかせ!オキホームです。
 
大切な我が家は、なるべくキレイに保ちたいものです。
ですが、床材を大きく凹ませてしまった!ついついお手入れを怠って、サッシが汚れてしまった!というような、いざという時に役立つお手入れ方法をご紹介します
 
 
無垢の床材が凹んでしまったら?
重たいものや、包丁などの鋭利なもので、無垢の床材が凹んでしまった場合は、凹んだ部分に針を刺し、小さな穴を開けた後で、水を注入します。
しばらくすると・・・あら不思議!?凹みキズが軽減されます。
 
 
フローリングが凹んでしまったら?
フローリングは、無垢材と対処法が違います。フローリングが凹んだり、大きくキズが入ってしまった場合は、フローリング専用の修正パテを用いて修正しましょう。仕上げに、フローリングに近い色を塗ると、ほとんど目立たないようになりますよ。
 
 
サッシの汚れを取る方法
ついつい溜まってしまう、サッシの汚れ。割りばしに布切れなどを巻き付けて、汚れをとる方法がおすすめです。サッシは、汚れや結露など、意外とお手入れに手間がかかる場所ですよね。
毎回お手入れをするのは大変!という方には、最新の結露がしづらく、サッシの汚れが溜まりやすい下部の凹凸が少なく、扱いやすいものに交換してみてはいかがでしょうか。
 
 
今回は、お家のちょっと気になる場所のお手入れ方法をご紹介しました。これからも、マイホームを建てた後のお手入れや、やっておくとよい事など、お家に関する様々な情報を公開していきます。ぜひ毎回チェックしてくださいね。
 
TOPへ戻る