本文へ移動
 
We will support
a comfortable
home building.
私たちは快適な住まいづくりを
サポートいたします。

オキホームブログ

この時期だから注目したい!遮熱(しゃねつ)ってナニ?

2019-06-13
カテゴリ:住まいのノウハウ
こんにちは。
福山市で注文住宅のことならおまかせ!オキホームです。
 
 
家づくりに興味を持っておられる方なら、気密や断熱について、ご存知の方も多いかもしれませんが、快適に過ごすためには「遮熱」も大切です
 
 
断熱は、壁の内部などを伝わる熱量を小さくすることで、外気温に左右されない快適な室温を保つために必要ですが、遮熱は、外から入る光による熱を防ぐために大切なものです
外から入る光の熱(放射)は、夏に特に注目したいところ。
 
 
「夏になると、窓の近くが暑くなる」
「いくらクーラーの設定温度を下げても、中々涼しくならない」
このように感じておられる場合は、お家の遮熱対策が必要かもしれません。
 
 
断熱・遮熱に優れた家は、たとえて言うならば、発泡スチロールの中に暖かい物を入れても冷めず、逆に冷たい物を入れてもぬるくならない状態です。壁の中には、断熱材と共に、外からの熱をはじく作用のある遮熱材が入っていて、年間を通して快適な暮らしを実現します
 
 
発泡スチロールの容器は密閉されていますが、家は窓などがあり、密閉されているわけではありません。ですので、壁の部分だけ遮熱材を使っても、窓に対策を施さなければ、熱が屋内に侵入してしまいます。
 
 
窓にできる対策としては、遮熱効果のあるガラスを使用するのが一番オススメです。
例えば、オキホームが建てる家でも多く採用しているリクシルの遮熱高断熱Low-Eガラスは、暑い日差しを60%カットするので、冷房効果が高まり快適に暮せます。しかも、冬場の断熱効果も高断熱複層ガラスと同等以上ですので、一年中快適です。Low-Eガラスは紫外線も82%カットしますので、肌や家具の日焼けの心配も減ります
 
 
今現在、窓から入り込む暑さにお困りの場合は、サンシェードなどを取り付けて対策することもできますし、お家を建てた後からでも、窓ガラスの交換などで、遮熱効果が期待できることも。
 
 
年々厳しくなる夏の暑さですが、遮熱対策すると、室内で快適に過ごすことができ、熱が伝わりづらくなるので、クーラーの効きもよくなり、省エネに繋がります
これからお家を建てられる方は遮熱にも考慮した家づくりを。既にお家を建てられた方で、暑さが気になる方は、リフォームもできます。いよいよ夏本番!この機会に、お家の遮熱について見直してみてはいかがでしょうか。
 
TOPへ戻る