お客様の声

オキホームで建築されたお客様の声
注文住宅のオキホーム
「住まい」には、住む人それぞれの夢や理想があります。
それは、趣味や嗜好のライフスタイルであったり、日常の中での使い勝手であったり、家族の数だけ「自分たちだけの価値」が多用であることだとオキホームは考えています。
そんなひとつひとつの『思い』を何よりも大切にお預かりして、カタチにすることがオキホームのスタンスです。
素敵なガーデニングやこだわりのガレージ、憩いのスペース、そして居心地の良い空間etc.
ここでは、新築やリフォームを通してオキホームが夢や理想のお手伝いをさせて頂いたお客様の体験談やご感想などを、スタッフの「思い」も織り交ぜてご紹介致します。
ぜひ、皆様の『住まいづくり』のご参考にしていただければ幸いです。
大好きだったおばあちゃんの台所のイメージで… -三谷様邸
ご主人:
 
この家が引き渡されてまだ数ヶ月ですが、とても快適に過ごさせてもらってます。
もとは妻の実家がオキホームさんで家を建てていて、義父から『オキホームはいいよ、いい買い物をしたよ』と聞いていました。ただあまり先入観を持つと良くないと思ったので、住宅展示場のオキホームさんのモデルハウスに普通に見に行ったのですが、そのとき第一印象が他のハウスメーカーさんとずいぶん違っていました。とにかくあまりガツガツしてない、別の言い方をすると本当に売る気があるのかなと思ったくらい(笑)。これはちょっと驚きました(笑)。
 
ただ、一番びっくりしたのは、そんなやさしい営業スタイルなのにまだまだ話を聞いていた初期の段階で『どうせだったら設計図作ってみましょうか?』と提案されたんです。しかも『設計図ができたので良かったら来てください』と連絡を受けて見に行ってみたら衝撃的でしたね。既製品を加工したんじゃなく、私のためのオーダーメイドの設計図だったんです。あの土地に自分たちの家を建てたらこんなになるんだって、もうイメージがすごく湧くんですよ。
奥様:
 
私は台所だけは絶対に自分の思い通りにしたかったんです!(笑) この家の台所は土間になっていてスリッパに履き替えてお料理を作っています。超めんどくさいです(笑)。でもこれ、大好きだった実家のおばあちゃんが立ってた台所のイメージなんです。あのあたたかい雰囲気をなんとか自分の家に取り入れたくて相談して、それで思い切って土間を作ってもらいました。
イメージ通りで使いやすいし、おまけに窓からの緑を眺められるし、すごく気に入ってます。
ご主人:
 
あと、リビングの高窓は提案いただいて本当に良かったです。何でもないことのようですが、朝日が直接部屋の中を照らす贅沢はちょっとね、ありえないくらい贅沢な感じがします。この窓ひとつで朝の空気が全然違うんですよ。朝起きるのが楽しみなんです。
私たち家を作る側としてもそれなりに大体の想定をしているわけじゃないですか。オキホームさんはその想定を良い意味で裏切ってくれる会社だと思います。
私たちの心の奥にあるぼんやりした夢を、経験という引き出しから形にしてくれる。今、改めてオキホームさんで家を建てて本当に良かったと思っています。
私たちの夢を形にする提案力。スタッフのみなさんの丁寧さ誠実さ。そのひとつひとつが形になって、私たちがとても満足の行く家になりました。
もしまた家を建てることになったら、もちろんオキホームさんでお願いします(笑)。
担当営業 畠山:
 
家は一生に一度の、そしておそらく一番高価な買い物でしょう。お客さまはじっくり考えて一番納得できる、気の合うメーカーに頼んだほうが良いと思うんですよ。だからあまり無理押ししない、どちらかと言えばゆったりした営業のスタンスになっていると思います。ですが、おそらく他のメーカーさんよりも打ち合わせの回数はずいぶん多いと思います。それはお客さまのご要望と、私たち家を作る側との意見のすり合わせですね、そこに時間を割いているからです。例えばお客さまはどうしても家を平面で考えてしまう方が多いんです。でも家は立体ですから、お客さまの言われる通りに作るとおかしいことになってしまう。完成してみて『えっ!』ってことになってしまうんですね。それじゃ遅い(笑)。そうならないように何件も家を建てている私たちが、経験を基にいろいろご提案させていただきます。今のハウスメーカーなら防音とか断熱とかの品質の良さは当たり前です。私たちはお客さまの、夢やあこがれ、思い出など心の奥のご要望にお応えするハウスメーカーになりたいと思っています。
 
三谷様はとても趣味の多いご夫婦で、こだわりの部分はたくさんありました。ご夫婦で乗られるバイクの為の専用ガレージや、ご主人の趣味である大きな小鳥の部屋。奥様の書道の作品を飾れる場所、などなど… 中でも一番のご要望は、ご主人様は大屋根の外観、奥様はキッチンでした。現代の家に土間を作ったら段差はできるし寒いし履き替えるのが面倒になるのは、それはお客さまもわかっておられるんです(笑)。でもそんな少しの不便さ以上に、本当に求めているのは土間で料理を作っているおばあちゃんの背中、そのあたたかい空気感だったんです。そしてそこでどんな楽しい時間を過ごしたいか、そんなイメージを形にするのが私たちの仕事です。いろんな思いをぶつけていただいて、「オーダーメイドのオキホーム」ならではの家づくりをさせていただけたのではないかと思っています。ご夫妻の思いのこもった家づくりをお手伝いさせていただき、本当に有難うございました。
古くなってこそ味を増すヨーロッパの邸宅。 -藤井マンションオーナー様
藤井様:
 
2008年にこのマンションが完成して早いものでもう約10年になります。私は宝石商を営んでいましたが家の廻りには広い田畑がありました。最初はこれからの高齢化のことも考えてグループホームの経営を考えましたが、いろいろ視察に行ってみるとけっこう厳しいような気がしまして、ゼロからの計画の練り直し。これからの人生を左右するものですから慎重に検討しました。
 
結局、不動産屋をやっている後輩に相談してね、何か良いのはないかと。そうしたら賃貸マンションの経営がいいよと勧められまして、オキホームの社長を紹介してもらいました。同い年ということもあってもう完全に意気投合(笑)。
『賃貸マンションはどこにでもあるものにすると、建てたばかりの時は良いけど10年経つと差が出ますよ。』とアドバイスを受けて、今のようなスタイルのマンションを建てることを決意しました。沖社長のアドバイスを聞いたおかげで10年経ったけど空室ゼロです。マンション経営でいちばん大切なのは良いお客様に継続して入居していただいて、空室状態が続かないことですね。
オキさんとお付き合いして感じるのは、ただ建築をするのではなく、相手のニーズや気持ちを大事にしてくれるということですね。私の場合は「いつまでたっても価値のあるマンションを建てること。」これがニーズです。私のイメージに合った四国にある高級ホテルに、沖さんにも一緒にそのホテルを視察してもらって宿泊までして帰ってきましたからね、そんな建築会社さん他にありますか(笑)。その結果古くなってこそ味を増すヨーロッパの邸宅をイメージした今のマンションになりました。
正直な話、大手の建築会社にも話は聞いてみたのですが、オキさんのほうがしっかりニーズを聞き取ってくれますね。社長はもちろんですが、スタッフの皆さんまでみんなフレンドリーで話しやすい。オキイズム(笑)がしっかり浸透していると思います。
現場監督さんもとても良く要望を聞いてくれました。
そう言えば、確かある程度マンションができた状態で、排水管が外に出てたんですね。これがちょっと何か違うかなと思って…そう、古いヨーロッパっぽくない(笑)。そこで監督の谷本さんに相談したら『それもそうですね』と、出来かけてた排水管を全部地中に埋めてくれたんです。
これは結構大切なことなんですが、お客からクレームを受けて手直しをするというんじゃなくて、お客の声に寄り添って『それもそうですね』と気持ちよく手直ししてくれる。いやいやされるとね、わかるじゃないですか。オキさんは気持ちよく要望を受け入れてくれるので本当に助かります。こんなこと一つ一つが信頼関係につながっているんだと思います。
芝生の庭を広めにとって、入居者同士が仲良くなって庭でバーベキューをしたり、子どもたちが庭でいっぱい遊べるようにしました。ここは高台なんで夏には庭から福山の花火も見える。そんなトータルでゆとりのある住環境が私のマンションの一番良いところだと思います。
このマンションは『帰ってくるのが楽しみ』と言う声をとても良く聞きます。それが一番嬉しいですね。10年経って今、そんな声をたくさん聞けるようなマンションになったのはオキさんに頼んだからだと思いますし、本当に良かったと思ってます。
おじいさんに感謝しなくては…。 -渡邉様邸
注文住宅のオキホーム
渡邉様:
 
オキホームさんとは昔からご縁があって、造園業をしているおじいさんがオキホームさんの家は『しっかり作ってる』と褒めていたのが心に残っていたので、家を建てることになった時、改めておじいさんや叔父さんに相談したんですが、『オキホームが良い。間違いない。』と太鼓判を押してくれました。
実際、とにかく親身になってくれて、外観デザインもホントにたくさん持ってきてくれましたし、素人なのでなかなかどうして良いのかわからないで困ってたら、わざわざ廿日市の建材メーカーに連れて行ってくれたり、プロ目線でいろいろアドバイスしてくれたり、本当に助かりました。
それと、とても有難かったのは『何でも自由に言ってもらっていいんですよ。』と私達がなんでも話せるような信頼関係づくりがとても上手いこと。敷地の広さが限られてる中で『車を2台並べて駐車できる家をなんとか作って欲しいです。』と本当のことを言ってしまいました(笑)。
あたたかい営業のスタンスは、オキホームさんの一番の素晴らしいポイントだと思います。
おじいさんの何気ない言葉が結果的に満足のいく家づくりにつながったので、おじいさんに感謝しなくてはいけませんね(笑)。
福山市の住宅建築ならオキホーム
奥様:
 
私は白っぽい南欧風のおしゃれな家にしたかったので、オキホームさんて正直どうなのかな?モデルハウスはちょっと違うな、と思ってましたが、気に入るまでたくさん提案してもらって納得できたし、プロならではの活きたアドバイスがいっぱいあったことと、ガツガツしてなくて契約をせかすような感じが全然しないところがとっても良いなと思いました。オキホームさんで家を建ててとっても満足しています。
家づくりのオキホーム
担当営業 畠山:
 
注文住宅だからこそ、お客様の夢をどんどん盛り込んだ個性的な家が出来るんです。だからお客様が自由に夢を語れるように、心の距離を近づけることをいつも心がけています。ですからオキホームでは一方的でガツガツした営業は絶対にしません。そして本当の想いが聞き出せたら、あとはこちらの腕の見せ所です(笑)。
渡邉様の夢である並列ガレージは、縦列だと3mの幅で済むわけですが、並列だと6m弱の幅が必要になりますし、柱が立てられません。そこで思い切って2階にリビングを持ってくることをご提案しました。そして駐車場には門型フレームを使用しいろいろ構造計算を行い、2階リビングで浮上した西日問題と外観デザインを縦格子で両立させて、ようやく形が決まりました。
計画の途中で出てくるいろいろな問題は、そのお宅ならではのストーリーでもありますね。お客様とそれらを共有させていただいて、最後にはいろいろあったね~と一緒に語れることが、私たちにとって最高に嬉しい時間です。
良いお仕事をさせていただき本当に有難うございました。
 

 
薪ストーブを中心に家族全員が笑顔になる家。 ー木村様邸
暖炉のある家
木村様:
 
オキホームさんでリフォームしました。結果からいえば大満足です(笑)! リフォームと言っても壁をほとんど壊して骨組みだけの状態からやってますから、むしろ新築するよりも手間はかかっていると思います。せっかく大きな買い物の家を建てるのですから、夢と言うか、理想と言うか、わがままと言うか(笑)、そんな思いを形にしてもらうのに、オキホームさんならと思ってお願いしました。
 
オキホームさんは依頼主の私と担当営業さんや現場監督さんとのコミュニケーションを大切にしてくれます。そこが他のメーカーさんとの大きな違いだと思います。たとえば、吹き抜けの立派な梁組や、スケルトンタイプの階段なんかは天井をはがしてから、現場で相談しながら一緒に作って行ったという感じです。
 趣味を生かした家づくり
あと、薪ストーブはぜひ実現したかった夢ですね。
おかげ様で、孫たちとみんなでピザを作るのがもう楽しくてしょうがないんです。ジジ(私)が焼いたピザができるのをみんなで待って、焼き上がったらわいわい話しながら食べるんです。『美味しいね~!』って。お正月には黒豆を炊いたりぜんざいを作ったり。結局、薪ストーブと言う『物』があれば良いというわけではないんですね。薪ストーブを中心に家族全員が笑顔になる。楽しい時間をおくる。新しい体験をする。そんな『経験』に意味があるんだと思います。
 
家族全員がゆとりを持てる、吹き抜けがある広々としたリビングも、みんなでわいわい話しながら料理を作れる薪ストーブも、あたたかみのある木をふんだんに使ったこの床や壁も、ぜんぶ家族みんなで楽しい時間を送るための舞台装置みたいなもんです。そんなところをプロの目線でアドバイスしてくれました。
福山市の工務店オキホーム
私たちの家は大規模なリフォームだったから特にかもしれませんが、その都度いろいろな変更のわがままを聞いてもらいました。ほんとうに数えきれないくらい途中で変更しました。
でもその意思疎通をしっかり取ってくれたことが、完成した今の満足につながっていると思います。
 
だから結果は『大満足』なんです。
また家を建てる機会があったら間違いなくオキホームさんに頼みます。

2014 6/22
担当営業:畠山
 
お客様は家に対する『夢』を持っている方がほとんどです。
でも具体的にどんな工法にすればいいとか、どんなデザインや建材にすればいいとかまではわからないですよね。そんなときにお客様の夢を一生懸命聞きだして、それを具体的に形にするのが私たち営業の仕事だと思っています。展示場で見込み客を作って契約まで結びつけることではありません(笑)。お客様の夢をきちんと形にするのが私たちの仕事です。
 
アドバイスするところはして、そして夢と現実のすり合わせをする。ですから私たちの仕事は、営業と言うよりもコーディネーターでありコンシェルジュであると思っています。
 
木村様のお宅は構造材がとてもしっかりしていたので、古材の美しさを残しながら新しい材料もマッチさせて、トータルで味わいがでるようにお客様を始め皆で相談して細部にもかなりこだわりました。本当に味わい深い良い空間が出来上がったと思います。ご家族の楽しい時間を積み重ねていかれる、その舞台装置として喜んでいただければ、これに過ぎる喜びはありません。誇りを持てる仕事をさせていただき感謝しています。